結婚式の見積りの『料理項目』で上がりやすいポイントはここ! ~結婚式費用の知恵袋~

結婚式の料理で上がりやすいポイント
結婚式の見積りが申込みから大きく上がってしまったという話、よく見かけますよね。日本の結婚式では申込み時から平均で70万円ほど見積りがアップすると言われていて、いろいろな結婚式場サイトでは先輩花嫁の体験談がたくさん掲載されています。中には100万円以上も上がってしまった人もいるようで、かなり大きな出費になってしまった・・・、と後悔してしまう方もいるようです。
結婚式の見積りを普段から見ている人はほとんどいないですし、初めての結婚式場見学で見せてもらっても、その見積りから何でそんなに上がるのか、何がそんなに上がるのか、といった点はなかなかわかりにくいですよね。さらに、式場ごとに見積りのフォーマットもアイテムの名称も違うので、比較することさえも難しいと思います。
今回の記事では、そんなわかりにくい結婚式の見積りの「料理」の項目について、どんなアイテムがあるのか、どんなポイントを見ればいいかをまとめてみました。

実際の見積りの料理項目を見てみよう

ケース1:ゲストハウスの見積りの料理項目(一例)

ゲストハウスの結婚式の見積りの料理項目

▼記載されている内容

項目単価数量金額
JC11,300 ジャパニーズキュイジーヌ11,30080904,000

ケース2:ホテルの見積りの料理項目(一例)

ホテルの結婚式の見積りの料理項目

▼記載されている内容

項目単価数量金額
お料理16,200701,134,000
フリードリンク4,32070302,400
生ケーキ1,2967090,720
オールフリー2,70070189,000

ケース3:レストランの見積りの料理項目(一例)

レストランの結婚式の見積りの料理項目

▼記載されている内容

項目単価数量金額
お料理17,000601,020,000
ウエディングケーキ1,0006060,000
デザートビュッフェ1,2006072,000
お飲物(乾杯酒)8006048,000
お飲物(ウエルカムドリンク・宴中ドリンク)5,20060312,000

▼会場タイプ別の見積りの特徴

  • ゲストハウスは申込み時点の見積りは最低ランクもしくはそれに近いランクのコース料理が入っていることが多いです。会場費や挙式料、衣装など全体的にアイテムの単価が高いので見積りの総額を少しでも低めに見せるためにそうすることが多いです。
  • ホテルは平均的なランクのコース料理や会場によってはパッケージプランに含まれる料理が入っていることが多いです。ただし、超の付く一流外資ホテルや、ウエディングを専業もしくは主力事業としてやっている会場の場合は除きます。
  • レストランは比較的高めのコース料理が初めから入っていることが多いです。料理に自信を持っている会場が多いので、申込み時点の見積りを低いコース料理にしてそのままになってしまい「●●レストランの結婚式に参加したけど、料理はあんまりおいしくなかった」とゲストに思われたくないという本音が隠れています。

※上記の見積りはあくまで一例ですが、会場タイプごとにこういった見積りの作られ方が多いので覚えておくと役に立つと思います。

結婚式の見積りの料理の上がりやすいポイント

料理でグレードアップしやすいアイテム

コース料理

結婚式でゲストが一番楽しみにしているのは料理、というアンケート結果があるほど料理は重要なポイント。コース料理はゲストの印象や満足度、ひいては新郎新婦の満足度(評価)に直結すると言っても過言ではありません。では、そんなコース料理の値段はどうやって決められているのでしょうか。一般的なフレンチやイタリアンなど、着席コース料理を例に解説します。
コース料理の価格は品数(皿数)と料理に使用する食材のランク(≒仕入れ価格)で決まります。品数では値段の高いコースであるほど前菜の数やお口直しの有無などが変わり、食材では値段の高いコースであるほどフォアグラを使った料理になったり、メインの肉料理がより高級なブランド牛に変わっていく、といった感じです。さらに高いコースになると会場に所属するシェフと打合せをして完全オリジナル対応(新郎新婦のためだけのコース料理)をしてくれる会場もあります。
コース料理の値段別の内容の一例としては、以下のような感じです。
単価コース内容
11,000円冷たい前菜、温かい前菜、魚料理、お肉料理(豚肉)、デザート
13,000円冷たい前菜、温かい前菜、魚料理、お肉料理(子牛)、デザート
15,000円冷たい前菜、温かい前菜、魚料理、お口直し、お肉料理(牛ホホ肉)、デザート
17,000円冷たい前菜、温かい前菜、魚料理、お口直し、お肉料理(牛フィレ)、デザート
19,000円アミューズ、冷たい前菜、温かい前菜、魚料理、お口直し、お肉料理(ブランド牛)、デザート
21,000円シェフと打合せして完全オリジナルのコース料理
これはあくまで一例ですが、内容を確認しないで11,000円のコース料理が入った見積りで申し込みをして、打合せをしてみたら上記のような内容でした、ということが初めてわかると、結婚式で豚肉出すのはちょっとな・・・、もう少し高いランクのコース料理に変更しようかな・・・、と思いグレードアップすることになるので値段が上がる、という仕組みです。もし11,000円のコースから17,000円のコースに変更すると6,000円×人数分の金額がアップするので(80名だと約50万円!!)、かなりインパクト大きいです。ちなみに、統計的なデータではなく、個人の経験に基づく主観ですが、申込み時のコース料理単価を安く入れるのはゲストハウス(特に大手運営会社の系列の結婚式場)で多く見られる傾向があります。

一皿(一品)追加・差し替え

コースのランク全体を上げるまではいいけど、この会場のスペシャリテ(一番の人気メニュー)は取り入れたい、メインのお肉料理だけは一つ上のランクにしたい、というときは一皿差し替えという方法もあります。例えば、15,000円のコース料理にするけど、メインの肉料理だけは17,000円のコースのものにしたい、というケースなどです。コースの単価そのものを上げるよりは安く収まるので、もし気に入った一品(例えば試食してすごく気に入った料理、レストランで以前食べてことがありおいしかった料理、など)がある場合はそういう方法もありでしょう。
ただ、必ずしもすべての会場で対応しているわけではないのと、「フレンチのコース料理とは一皿ずつで考えるのではなくコースすべてで完結する一つのストーリーであるべき(なので一皿だけ差し替えるということはしない)」と考えている会場やシェフもそれなりの割合でいるので、そういった対応も可能かどうかは事前に確認するといいでしょう。
Point
グレードアップで料金アップになりやすい料理項目
  • コース料理
  • 一皿(一品)追加・差し替え

料理で追加になりやすいアイテム

お子様料理

列席するゲストに子供がいる場合は、お子様用の料理を追加する必要があります。これは親族や家族にすでに子供がいることがわかっているケース以外、申込み時点ではほぼ予測不可能なので、特に気にする必要はないと思います。
あくまで一般的な例ですが、お子様用の料理はお子様ランチ(小さい子用)とお子様コース(小学生くらい)が用意されていて、相場的には、ランチ3,000円~5,000円、コース6,000円~8,000円程度だと思います。コース料理の1/3~半額程度、ですね。

デザートビュッフェ

結婚式の一つの演出としても人気の高いデザートビュッフェ。デザートビュッフェを取り入れることで、披露宴会場内に動きができるので新郎新婦がゲストと話す時間や接する機会を作りやすい、ゲストが好きなデザートを食べられるのでいい、といったところが人気の理由です。一方、おなかがいっぱいでそんなに食べられない、年配のゲストが多いとそれよりゆっくりお酒を飲みたい、といった不人気コメントもあるようです。過去の自分の経験と世の中一般的に聞く話だと30%~40%くらいの実施率かなと思いますが、取り入れたい演出とゲストの顔ぶれ次第、と言った感じでしょう。
デザートビュッフェの相場的には、1,000円~2,000円/人、くらいが多いと思いますが、70名の披露宴で申込み後に追加になると約100,000円の追加になるので、結構大きな見積りアップとなってしまいます。もし初めから取り入れたいと考えているのであれば、申込み時の見積りに含まれていなかったら入れてもらうようにしましょう。

料理演出

肉料理のフランベの演出やシェフによる披露宴時の料理説明など、料理をテーマにした演出を取り入れることも会場によっては可能です。内容次第ではありますが無料で対応してくれる会場もあるし、有料で商品化している会場もあります。頻度としてはあまり多くはないかもしれませんが、こういった点でも追加で金額が上がる可能性があります。
Point
アイテム追加で料金アップになりやすい料理項目
  • お子様料理
  • デザートビュッフェ
  • 料理演出
結婚式の見積りの料理の確認すべきポイント

料理の項目で申込前に確認しておきたいこと

ここまで書いてきたようなグレードアップやアイテムの追加による料金アップを防ぐためにはどうしたらいいかをまとめます。なお、高い料金を払うことは悪なのでいかに安くするか、という視点ではなく、想像していないような見積りアップを起こさないためにどうしたらよいか、という視点でのポイントです(納得して高いコースを選ぶのは新郎新婦の自由なので全然OKだと思っていますので)。

料理ブックを見せてもらう

料理ブックとはコース料理の内容が書かれた一覧表のようなものです。冒頭の表で書いたような内容が写真つきであるような感じです。初めて結婚式場を見学したときに見せてくれるところもあればそうでないところもあるので、もし言わないと見せてもらえないようならプランナーに伝えて見せてもらいましょう。確認するポイントは、いくらのコースが全部でいくつあるのか、見積りに入っているコース料理は何皿でどんな内容なのか、これまで結婚式を挙げたカップルはいくらのコースを選んでいることが多いか、の3点。ただ、料理の内容は小難しい感じで書かれている(~~の●●風△△を添えて、のような感じ)ことも多いので、内容がわからなかったらプランナーに聞いてみるか、食材に何を使ってるかを確認するといいと思います。
それを聞いた後に自分たちだったらだいたいこの金額のコースを選びそうだな、という金額で見積りを作り直してもらいましょう。一手間かかりますが、これをするだけで想定外の値上がりで後で後悔することがなくなるので、絶対やったほうがいいと思います。

試食した料理はいくらのコースか確認する

ブライダルフェアに参加した時に試食をした料理と、その時に出された見積もりに入っているコース料理が同じとは限りません。もともとブライダルフェアとは、来館してくれたカップルに申し込みをしてもらうために結婚式場が開催しているイベントなので、当然ですがその式場で一番自信のある料理を出します。ハーフコースやフルコースのこともありますし、ワンプレートのこともあります。
もし試食した料理がおいしくて気に入ってその式場に申し込もうかなと思ったときは、その料理はいくらのコースの何だったのかを確認しましょう。13,000円のコース料理の見積りで申し込んだ後に、ブライダルフェアで試食したあの料理は実は19,000円のコース料理でした、ということがわかると、6,000円×人数分の見積りアップとなってしまいます。そうならないためにも確認必須だと思います。

デザートビュッフェの金額はいくらなのか確認する、入れたいなら最初から入れてもらう

デザートビュッフェの単価は会場によってまちまちなので、値段は確認して置いて損はないと思います。結婚式場を見学した時点で実施するかどうかを決めているわけではないかもしれませんが、もしちょっとやってみようかな、と思っているのであれば最初から入れておいたほうが後から追加になって焦ることもないので無難です。
Point
見学時に料理について確認すべき項目
  • 料理ブックを見せてもらう
  • 試食した料理はいくらのコースか確認する
  • デザートビュッフェの金額はいくらなのか確認する、入れたいなら最初から入れてもらう
見積りの料理項目のポイントまとめ

まとめ

結婚式の料理はゲストの印象や満足度を決める一番のポイントといってもいいくらい大切な要素です。その一方、金額も大きいので特に人数が多い場合はコース料理のランクが一つ上がるだけで10万円単位で見積りが上がっていってしまうこともあります。
料理の項目は、他の衣装や装花などのアイテムと比べると項目数自体は少ないので、確認するところはしっかりと確認して「申し込んでから後悔しない」結婚式を挙げてくださいね。
ランキングマッチがオススメする結婚式場情報サイト

当サイトがおすすめする結婚式場サイト

見積り解説、いかがでしたか。実際に見学したときにプランナーにいろいろ聞いてみましょう!ちなみに、ブライダルフェアや式場見学は直接予約するより結婚式場情報サイトからしたほうが断然お得なの、知ってましたか?そのサイト限定の特典が付いてお得になるだけではなく、応募して見学するだけで数万円分の商品券がもらえるキャンペーンも実施しているので、これらのサイトから予約をすることを強くオススメします。
マイナビウエディング
最大35,000円分のJCBギフトカードがもらえる超お得なキャンペーンを実施中!結婚式場のページの情報が非常に豊富で、サイト内で結婚式の費用シミュレーションもできるので、実際の見積りに近い金額もわかります。キャンペーンの金額が大きくて情報の充実高い当サイトイチオシの結婚式場情報サイト。
Hanayume(ハナユメ)
最大33,000円分の商品券がもらえるお得なキャンペーン実施中!ローラが出ているCMでおなじみのHanayume(ハナユメ)。お得に結婚式を挙げられる「ハナユメ割」は他のサイトよりもお得度高い。半年以内の結婚式の場合はお得な限定特典がたくさんついているので、予算重視で結婚式を検討しているカップルには特にオススメのサイト。
ゼクシィ
抽選で最大30,000円分のJCBギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中!知名度抜群のゼクシィ。非常に分厚いと有名な雑誌もあり、結婚式場の情報だけはなく、結婚式の準備についての様々な情報が掲載されているので、まず一番初めの情報集めに見てみるのがオススメ。

全国から結婚式場を探す

関東
東京駅・皇居周辺銀座浜松町・品川・目黒・世田谷お台場・竹芝・晴海・豊洲赤坂・六本木・麻布青山・表参道・渋谷恵比寿・代官山・広尾・白金新宿・中野・杉並文京・池袋・練馬・板橋上野・浅草・墨田・江東・江戸川立川・八王子・町田・その他東京神奈川県新横浜・横浜駅周辺・川崎湘南・鎌倉県央・箱根・小田原みなとみらい・桜木町・山手・山下町・関内茨城県茨城県北・県央茨城県南・県西・鹿行栃木県栃木県北・日光栃木県中央栃木県南・県東群馬県前橋・高崎伊勢崎・太田さいたま市川越・所沢・東部・県北・東松山・秩父舞浜・浦安・幕張千葉・柏・成田・房総
関西
滋賀県京都府大阪府大阪市北部大阪市南部・東大阪北摂・京阪南大阪神戸・淡路島・その他兵庫県阪神間播磨奈良県和歌山県
東海
岐阜県静岡県東部中部西部名古屋尾張・知多西三河・蒲郡東三河三重県
九州・沖縄
福岡県北九州市・周辺福岡市・周辺久留米・筑後・鳥栖佐賀県佐世保市・周辺長崎・県央・島原県北・阿蘇熊本市・周辺八代・天草・人吉別府・湯布院・県北大分・県南延岡・日向宮崎市・周辺都城・小林鹿児島県北薩・霧島・大隈鹿児島市・周辺沖縄県
東北・北海道
北海道帯広・釧路・北見・道東旭川北・道北札幌胆振・日高・千歳函館・道南青森県岩手県盛岡・県北県南松島塩釜・県北仙台・仙南秋田県山形県村山・最上・置賜庄内浜通り中通り北中通り南会津・磐梯・猪苗代
北陸・甲信越
新潟県下越県央・中越・魚沼上越富山県石川県福井県山梨県長野県長野・白馬・上田・佐久軽井沢松本・安曇野・諏訪・伊那・駒ヶ根・飯田
中国・四国
鳥取県島根県岡山県岡山市・周辺倉敷市・周辺県北広島県備後・県北呉・東広島広島市・周辺山口県岩国・柳井・周南防府・山口・宇部下関徳島県香川県高松・東讃中讃・西讃愛媛県東予中予・南予高知県

ランキングマッチ for Wedding

結婚式場の人気ランキング比較サイトなら【ランキングマッチ for Wedding】ブライダルフェアや結婚式場の費用をまとめて比較・検索できます。結婚式場選びのポイントからブライダルフェアに行くときの服装や結婚指輪の選び方、ホテルのお料理や結婚式イベントでもらえるクーポン情報まで結婚式のお得情報を解説!結婚式を挙げたいと思うカップルの要望にお応えします。気になる結婚式場やブライダルフェアがあれば、お気軽にクリックしてお問い合わせください。結婚式場・ブライダルフェア探すなら【ランキングマッチ for Wedding】

© 2017 Ranking mach

PAGE TOP