【結婚式の特典】見学前に知っておきたい、特典・値引きをしてもらいやすい5つのポイント! ~結婚式費用の知恵袋~

結婚式の特典で知っておきたい5つのポイント

自分たちの結婚式の費用、だいたいいくらくらいになるのか予想することってなかなか難しいですよね?でも、できれば費用を抑えて結婚式を挙げたい、そう思っているカップルも多いと思います。

結婚式の費用についてはネットでもいろんな情報が出ていますが、想定外の値上がりで●●万円も予算オーバーしてしまって高かったとか、ご祝儀内で抑えることができたので安かった、とか高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれのことも多いようです。

結婚式の費用を抑えるために重要なポイントは3つ

  • 1.契約前の特典(値引き)をたくさんつけてもらう
  • 2.持込可能や手作りできるものは手作りする
  • 3.ご祝儀製の披露宴にする

この3つの中でも特に(1)の特典は、結婚式の費用の8割くらいを決めると言っても過言ではないくらい重要なポイントで、申し込みの時点でほぼ決まってしまいます。なので、言い換えると結婚式の費用は契約前に8割は決まってしまうのです。

そこで今回の記事では、そんな結婚式費用の重要なポイント「特典」について、どんな理由でつけてもらえるのか(値引きしてもらえるのか)、より多くつけてもらうためにはどんなことをしたらいいかをまとめてみました。参考にしてもらえるとうれしいです。

結婚式の特典とは?

結婚式の特典の種類

結婚式の特典は、来館特典と成約特典の2つがあります。

  • 来館特典:結婚式場に見学したときにプレゼントされるもの(クオカードやディズニーチケット、など)
  • 成約特典:成約(結婚式場への申込み)をしたときにしてくれる値引き
結婚式の来館特典と成約特典の違い

今回の記事で紹介するのは後者の"成約特典"のほうです。

結婚式の費用は申込のタイミングで8割は決まると言ってもいいほど重要なポイントで、申込みをした後に想定外の値上がりが起きて予算オーバーになってしまっても値引きが増えたりすることはほとんどありません。なので、申込み前にしっかり特典をつけてもらうこと、値引きしてもらうこと、が必要なのです。

結婚式の成約特典がある理由

結婚式の成約特典・値引きは金額の大小はあれどほぼ100%つきますが、それはどうしてなのでしょうか。

結論から先に書いてしまうと、結婚式場の競争が激しいからです。ご存知のように日本の人口はすでに減少が始まっていて、結婚するカップルの数も、結婚式を挙げるカップルの数も年々減って生きていますが、結婚式場の数は減っておらずむしろ毎年新しい式場ができています。そうなると、多くの式場がカップルを奪い合う形になるので、価格面で少しでも安くしてでも成約を獲得したいと考えるようになり、特典をつけるようになっていった、というのが背景です。需要減少にともなう供給過多状態、とも言えます。

業界としてはこのような状態なので、逆にカップルとしてはこれをうまく利用して少しでも安く(特典を多く)してもらうのが重要になってきます。では、具体的にどんな種類の成約特典があるのか、代表的な事特典について、ひとつずつ解説していきます。

特典のつきやすいポイント①:即決特典

即決特典とは「結婚式場を見学した当日に申込んだときにつけてくれる特典」のことを言います。

結婚式場の即決特典

即決特典が付く理由

この特典が付く理由は、単純に他の結婚式場に見学に行ってほしくないからです。先ほども書いたように、今のブライダル業界は結婚式場間の競争が激しいので見学してもらったカップルにはできるだけ申し込みをしてほしいと式場側は考えています。そのため「今日申込んでもらえれば、特別に●●万円分のお値引きさせていただきます!」といった感じで見積りから値引いてくれるのです。

即決特典の相場

この特典の相場としては、だいたい10万円~20万円程度つけてもらえることが多いようです。私が以前働いていたときもそれくらいでしが、式場によって50万~100万円もつけているところもあるようです。一見するとたくさん値引きをしてくれてありがたいようにも見えますが、裏を返すとそこまでしないと申込んでくれないほど人気のない結婚式場と言えるので、即決特典の金額があまりにも大きい場合は注意したほうがいいでしょう。

即決特典をより多くつけてもらうためには?

この特典は最初から付いている場合と、交渉の過程で途中で出てくる場合があります。プランナーが見積りを2枚持ってきて、1枚は即決特典が付いていない320万円の見積り、もう1一枚が即決特典が付いた290万円の見積り、いわゆる2枚出しと呼ばれる方法で、今日決めてくれれば290万円になりますけどいかがですか?と話をしてくるときに特典をつけてもらいます。見積り説明のときに初めから2枚出てきた場合は特典をつけてもらえるのでいいですが、もし最初に出してもらった見積りに即決特典が付いていなかった場合は「今日決めようか悩んでいる&悩んでいる理由は価格です」と伝えてみましょう。そうしたら多くのプランナーは即決特典をつけた見積りを作り直して持ってきてくれるはずです。

即決特典で注意するポイント

これを書いてしまうと身も蓋もないですが、即決特典は当日申込まなくてもつけてもらえることが多いです。今日申込んでもらえたら290万円だけど明日申込んだら320万円、にはなりません、なぜならそれだと他の結婚式場で決めてしまうからです。即決特典と書いてはありますが、別に当日じゃなくてもつけてもらえることがほとんどなので言葉に惑わされてあせらないようにしましょう。

また先ほどと同様ですが、即決特典があまりに大きな金額となっている場合は注意しましょう。人気がないことの裏返しです。

特典のつきやすいポイント②:シーズン特典

シーズン特典とは「結婚式を挙げる時期によってつけてくれる特典」のことを言います。

結婚式場のシーズン特典

シーズン特典が付く理由

この特典が付く理由は、結婚式の人気の高くないシーズンの式場稼動を上げるためです。一般的に10月、11月、3月といった気候が穏やかで大きなイベントが少ない時期は結婚式の人気が高く、1月や8月など暑かったり寒かったりする時期はあまり人気が高くありません。ちなみによくジューンブライドと言われますが、日本の6月は梅雨なのでそんなに人気のシーズンではないです。人気のシーズンとそうでないシーズンが同じ価格だと結婚式が春秋に偏ってしまうので、夏や冬に特典をつけて価格を下げることでその時期の結婚式を獲得したい、というのが式場側が設定する理由です。

シーズン特典の相場

この特典の相場としては、だいたい10万円~50万円程度つけてもらえることが多いようです。結婚式場の設備や場所によってもかなり差があります。例えばガーデンがあってそこでの演出がウリの式場だと、夏や冬はあまり人気がありません。真夏のガーデンパーティはゲストにとって暑くて厳しいですし、冬なら凍えてしまいます。そういった式場はシーズン特典の金額が大きくなりやすいです。逆にビルインタイプの全天候型の式場や駅直結の式場であれば、外に出ることがほぼないので1年を通して同じような環境で結婚式を挙げることができます。そういった式場はシーズンごとの人気の差が小さいので、シーズン特典は小さくなりやすいです。

シーズン特典をより多くつけてもらうためには?

この特典は式場ごとにある程度決められているケースが多いので、交渉して増えるというものではあまりない気がします。事前に公式ホームページやゼクシィなどのサイトのプランを確認して、シーズンプラン(特典)があるかどうかを確認してから見学に行き、見積り説明のときにこのプランを使いたいことをプランナーに伝えるといいと思います。もし時間があるのであれば、みんなのウェディングにある先輩カップルの費用明細を見て、実際のシーズン特典でいくらくらいの特典が付いていたからこれくらい値引いてほしい、と伝えるのも一つの手ですね。

シーズン特典で注意するポイント

どの時期が人気で、どの時期がそうでないかは事前に予備知識として知っておくといいと思います。一般論ですが、次のような感じです。

  • 人気:3月、10月、11月
  • 通常:2月、4月、5月、6月、9月、12月
  • 人気低:1月、7月、8月

特典のつきやすいポイント③:お日柄特典

お日柄特典とは「結婚式を挙げるお日柄によってつけてくれる特典」のことを言います。

結婚式場のお日柄特典

お日柄特典が付く理由

この特典が付く理由は、結婚式の人気の高くないお日柄の式場稼動を上げるためです。お日柄は六輝・六曜とも呼ばれ、日本で冠婚葬祭を行うときの縁起のよさとして考えられてきたもので、一般的に大安と友引は結婚式の人気が高く、仏滅はあまり人気が高くありません。最近ではお日柄を気にしない、というカップルも増えてきていますが、親世代では大安がいいと考えている方も多いようです。こちらの特典もシーズン特典と同様に大安と仏滅が同じ価格だと仏滅の日柄の結婚式が空いてしまうので、特典をつけて価格を安くすることで獲得したい、というのが式場がお日柄特典を設定する理由です。

お日柄特典の相場

この特典の相場としては、だいたい10万円~20万円程度つけてもらえることが多いようです。どのお日柄だと値引きをしてくれるかは結婚式場によってもかなり差がありますが、仏滅はかなりの数の式場で、赤口は一部の式場で特典をつけてもらえるようです。それ以外の先勝や先負で特典が付いていることはあまり見たことがないです。

お日柄特典をより多くつけてもらうためには?

この特典も式場ごとにある程度決められているケースが多いので、交渉して増えるというものではあまりない気がします。選ぶ日取りによってつけてもらえるものはしっかりつけてもらうことが一番のポイントなので、事前に公式ホームページやゼクシィなどのサイトのプランを確認して、お日柄プラン(特典)があるかどうかを確認してから見学に行き、見積り説明のときにこのプランを使いたいことをプランナーに伝えるといいと思います。もし時間があるのであれば、みんなのウェディングにある先輩カップルの費用明細を見て、実際のお日柄特典でいくらくらいの特典が付いていたからこれくらい値引いてほしい、と伝えるのも一つの手ですね。

お日柄特典で注意するポイント

どのお日柄が人気で、どのお日柄がそうでないかは事前に予備知識として知っておくといいと思います。一般論ですが、次のような感じです。

人気高 ← 大安 > 友引 > 先勝 = 先負 > 赤口 >> 仏滅 → 人気低

特典のつきやすいポイント④:曜日・時間特典

曜日・時間特典とは「結婚式を挙げる曜日・時間帯によってつけてくれる特典」のことを言います。

結婚式場の曜日・時間帯特典

曜日・時間特典が付く理由

この特典が付く理由は、結婚式の人気の高くない曜日・時間帯の式場稼動を上げるためです。曜日・時間帯をあわせて日取りとも言いますが、人気となる基準は「新郎新婦の負担が少ない、ゲストが来やすくて帰りやすい」の2つて考えているカップルが多いです。土曜日の午後や三連休の中日は人気が高いですね。こちらの特典も他の特典と同様に人気のない日取りだと結婚式が空いてしまうので、特典をつけて価格を安くすることで獲得したい、というのが式場が曜日・時間特典を設定する理由です。

曜日・時間特典の相場

この特典の相場としては、だいたい10万円~50万円程度つけてもらえることが多いようです。この特典も結婚式場によってもかなり差がありますが、日曜日の午後や飛び石の祝日などはあまり人気が高くないのでつけてもらえることが多いと思います。逆に土曜日の午後や三連休の中日でこの特典が付いていることは見たことがないです。

曜日・時間特典をより多くつけてもらうためには?

この特典も式場ごとにある程度決められているケースが多いので、交渉して増えるというものではあまりない気がします。選ぶ日取りによってつけてもらえるものはしっかりつけてもらうことが一番のポイントなので、事前に公式ホームページやゼクシィなどのサイトのプランを確認して、曜日プラン(特典)やナイトプランといった、曜日や時間帯によるプランがあるかどうかを確認してから見学に行き、見積り説明のときにこのプランを使いたいことをプランナーに伝えるといいと思います。もし時間があるのであれば、みんなのウェディングにある先輩カップルの費用明細を見て、実際の曜日・時間帯特典でいくらくらいの特典が付いていたからこれくらい値引いてほしい、と伝えるのも一つの手ですね。

曜日・時間特典で注意するポイント

どの曜日・時間帯が人気で、どの曜日・時間帯がそうでないかは事前に予備知識として知っておくといいと思います。一般論ですが、次のような感じです。

人気高 ← 三連休中日 > 土曜日の午後 > 日曜日の午前 > 土曜日の午前 > 日曜日の午後 > 土日の夜 > 飛び石の祝日 > 平日 → 人気低

特典のつきやすいポイント⑤:媒体特典

媒体特典とは「結婚式場の見学予約をしたサイトによってつけてくれる特典」のことを言います。

結婚式場の媒体特典

媒体特典が付く理由

この特典が付く理由は、マイナビウエディングHanayume(ハナユメ)など、特定のサイトから予約をするとつけてもらえる特典のことを言います。媒体ごとのキャンペーンによって変わりますが、結婚式場の公式ホームページから予約するよりもオトクになることが多いので、活用をオススメします。くわしくはこちらから

媒体特典の相場

この特典の相場としては、だいたい30万円~100万円程度つけてもらえることが多いようです。ここまで書いてきたような個別の特典の総額をアップさせる、というキャンペーンをしている媒体が多いので、式場ごとの金額差は大きいですが、中には100万円を超えるような金額になることもあります。

媒体特典をより多くつけてもらうためには?

公式ホームページからではなく、そういったキャンペーンを実施しているマイナビウエディングHanayume(ハナユメ)などの結婚式場情報サイトから見学予約をしましょう。

まとめ

  • ・結婚式の費用の8割は申込み時の成約特典の値引き額の多さで決まります
  • ・希望度の高い式湯に見学に行くときは即決特典はしっかりつけてもらおう
  • ・シーズン・日柄・曜日・時間帯特典は過去の見積りを見て、その式場の相場を知っておくと交渉しやすい
  • ・会場ホームページから予約するより結婚式場情報サイトから予約したほうが断然お得!

いかがでしたか?かなりマニアックな内容も含まれていますが、見学前、申込み前にしっかりと準備をして後悔のない結婚式を!

当サイトがおすすめする結婚式場サイト3選!

結婚式場の見学予約をするときのオススメサイト
結婚式特典の解説、いかがでしたか。もし結婚式の費用について悩んだら、実際に見学してプランナーにいろいろ聞いてみましょう!ちなみに、ブライダルフェアや式場見学は直接予約するより結婚式場情報サイトからしたほうが断然お得なんです!そのサイト限定の特典が付いてお得になるだけではなく、応募して見学するだけで数万円分の商品券がもらえるキャンペーンも実施しているので、これらのサイトから予約をすることを強くオススメします。
マイナビウエディング

最大35,000円分のJCBギフトカードがもらえる超お得なキャンペーンを実施中!結婚式場のページの情報が非常に豊富で、サイト内で結婚式の費用シミュレーションもできるので、実際の見積りに近い金額もわかります。キャンペーンの金額が大きくて情報の充実高い当サイトイチオシの結婚式場情報サイト。

Hanayume(ハナユメ)

最大33,000円分の商品券がもらえるお得なキャンペーン実施中!ローラが出ているCMでおなじみのHanayume(ハナユメ)。お得に結婚式を挙げられる「ハナユメ割」は他のサイトよりもお得度高い。半年以内の結婚式の場合はお得な限定特典がたくさんついているので、予算重視で結婚式を検討しているカップルには特にオススメのサイト。

ゼクシィ

抽選で最大30,000円分のJCBギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中!知名度抜群のゼクシィ。非常に分厚いと有名な雑誌もあり、結婚式場の情報だけはなく、結婚式の準備についての様々な情報が掲載されているので、まず一番初めの情報集めに見てみるのがオススメ。

全国から結婚式場を探す

関東
東京駅・皇居周辺銀座浜松町・品川・目黒・世田谷お台場・竹芝・晴海・豊洲赤坂・六本木・麻布青山・表参道・渋谷恵比寿・代官山・広尾・白金新宿・中野・杉並文京・池袋・練馬・板橋上野・浅草・墨田・江東・江戸川立川・八王子・町田・その他東京神奈川県新横浜・横浜駅周辺・川崎湘南・鎌倉県央・箱根・小田原みなとみらい・桜木町・山手・山下町・関内茨城県茨城県北・県央茨城県南・県西・鹿行栃木県栃木県北・日光栃木県中央栃木県南・県東群馬県前橋・高崎伊勢崎・太田さいたま市川越・所沢・東部・県北・東松山・秩父舞浜・浦安・幕張千葉・柏・成田・房総
関西
滋賀県京都府大阪府大阪市北部大阪市南部・東大阪北摂・京阪南大阪神戸・淡路島・その他兵庫県阪神間播磨奈良県和歌山県
東海
岐阜県静岡県東部中部西部名古屋尾張・知多西三河・蒲郡東三河三重県
九州・沖縄
福岡県北九州市・周辺福岡市・周辺久留米・筑後・鳥栖佐賀県佐世保市・周辺長崎・県央・島原県北・阿蘇熊本市・周辺八代・天草・人吉別府・湯布院・県北大分・県南延岡・日向宮崎市・周辺都城・小林鹿児島県北薩・霧島・大隈鹿児島市・周辺沖縄県
東北・北海道
北海道帯広・釧路・北見・道東旭川北・道北札幌胆振・日高・千歳函館・道南青森県岩手県盛岡・県北県南松島塩釜・県北仙台・仙南秋田県山形県村山・最上・置賜庄内浜通り中通り北中通り南会津・磐梯・猪苗代
北陸・甲信越
新潟県下越県央・中越・魚沼上越富山県石川県福井県山梨県長野県長野・白馬・上田・佐久軽井沢松本・安曇野・諏訪・伊那・駒ヶ根・飯田
中国・四国
鳥取県島根県岡山県岡山市・周辺倉敷市・周辺県北広島県備後・県北呉・東広島広島市・周辺山口県岩国・柳井・周南防府・山口・宇部下関徳島県香川県高松・東讃中讃・西讃愛媛県東予中予・南予高知県

ランキングマッチ for Wedding

結婚式場の人気ランキング比較サイトなら【ランキングマッチ for Wedding】ブライダルフェアや結婚式場の費用をまとめて比較・検索できます。結婚式場選びのポイントからブライダルフェアに行くときの服装や結婚指輪の選び方、ホテルのお料理や結婚式イベントでもらえるクーポン情報まで結婚式のお得情報を解説!結婚式を挙げたいと思うカップルの要望にお応えします。気になる結婚式場やブライダルフェアがあれば、お気軽にクリックしてお問い合わせください。結婚式場・ブライダルフェア探すなら【ランキングマッチ for Wedding】

© 2017 Ranking mach

PAGE TOP